乳がん検診・乳腺外来について

「おっぱい」に関して少しでも気になることがございましたら、お気軽に受診ください。
乳房が痛いなど、しこり以外の症状で診察を受けた際に、乳がんが偶然発見されるようなこともあります。

特に最近、乳がん検診を受診していない方で、何か気になることがあるような場合は、ご受診をお勧めいたします。


乳がん検診

乳がん検診の方法には、視・触診、超音波検査、マンモグラフィ検査があります。
当院では視触診検診(市川市在住30才以上奇数年の方が対象)とマンモグラフィ検診(市川市在住40才以上偶数年の方が対象)を受けることができます。
(30代偶数年の超音波検診は集団バス検診になり当院ではうけられませんが、日程が合わなくて受けたくても受けられない場合などはご相談ください。)

また随時すすんで検診を受けたい方の検査も行っています。ご相談ください。

各検査について

視・触診

乳房全体を目で見て、あるいは手で触れることによって乳房の形、皮膚、乳頭などに異常が無いか、またしこりなどが出来ていないかを確認します。
専門医なら、しこりの有無やその状態を触診することによって、「乳がんかどうか」がある程度わかります。
普段あまり自己触診をされない方は是非受けるようにしてください。

超音波検査

診察台の上に仰向けになり、乳房に超音波をあてて、乳房内部からの反射波(エコー)を画像化し、乳腺の状態を調べる検査です。痛みは無く、体への負担はほとんどありません。マンモグラフィでは映りにくい数ミリ単位の小さなしこりを見つけることができます。
妊娠中の検査も可能です。ただし細かい石灰化(カルシウムの沈着)や性状、および範囲は確認出来ません。石灰化の良・悪性の判別に関しては、マンモグラフィの方が優れています。

マンモグラフィ検査

マンモグラフィは乳がんの早期発見のために、乳房をX線で撮影する乳がん検診機器です。
乳房腫瘤(しこり)や乳房組織のひきつれ、石灰化(カルシウムの沈着)という病変を描出します。特に石灰化という病変の描出に優れており、触ってもわからないような早期の乳癌を見つけることができます。
乳房を圧迫して、薄く平らにして撮影するので、多少の痛みをともなう場合があります(個人差があります)。しかし、マンモグラフィ検査中はずっと長い間圧迫しているわけではなく、せいぜい数秒から10秒くらいです。しかし月経前は乳房が張って若干痛みを感じやすい方もおられるので、受診の際、気になる方は技師または看護士までご相談ください。
また当クリニックでは毎週土曜日に女性技師によるマンモグラフィ撮影を実施しています。
女性技師ご希望の方は土曜日(9時~11時半受付)にお越しください。

マンモグラフィ検診の流れ
4F受付にて検診表に必要事項を記入の上、お名前を呼ばれるまでお待ちください。
3Fレントゲン室にてマンモグラフィ撮影を行います。ネックレスは外してください。
また、髪の長い方は後ろで結っていただくようお願いいたします。
4F診察室にて検診結果についてのご説明をいたします。
受付にてお会計をお願いします。

マンモグラフィ検診に当たっての注意事項

以下の項目に当てはまる方は、事前にお申し出ください。

  • しこりを触れたり、違和感のある場所がある
  • 妊娠中、授乳中の方
  • ペースメーカーなどを利用している方
  • 豊胸手術をしている方

乳腺外来

自覚症状のある方の診察を行っております。

乳房にしこりがある、乳頭より分泌物がでる(黒っぽい色や血液の色)、乳首にただれがある、乳房にひきつれがある、乳房に違和感がある、乳房が痛い、乳房が赤く腫れているなど、気になる症状があるような場合は、お気軽にご相談ください。
乳房に自覚症状がある場合は、マンモグラフィ検査と超音波検査の2つの検査を行います。検査の結果、必要に応じて細胞診や組織診断を行って確定診断を行います。
さらなる精密検査(マンモトーム検査やMRI検査)が必要な場合は、専門病院へご紹介しています。
また自覚症状はないが検査を受けてみたい方の診察も行っています。
お気軽にご相談ください。


診察で乳癌の診断がついた場合

乳癌という病気について、今の癌の状況、今後の治療のはなしなどを説明いたします。
専門医がひとりいる病院であればご希望の病院へ紹介状を作成し、そちらで治療をしていただいております。
当クリニックは現在、がん研有明病院と市川総合病院と医療連携を行っています。
治療がある程度終わった方は当クリニックで経過をみることができます。


連携病院(がん研有明病院-ふたり主治医性、市川総合病院 など)からご紹介の方

1)良性病変の経過観察を行っています。できれば紹介状をお持ちください。

2)乳癌術後、経過観察の方
当院でマンモグラフィ、超音波検査、採血(腫瘍マーカーの測定)、胸部レントゲン
など定期検診ができます。採血以外は当日結果がわかります。

3)乳癌術後、ホルモン治療中の方
当クリニック院内でホルモン剤の処方ができます。ジェネリックにも対応しています。
更年期症状緩和のためのビタミン剤や漢方薬の処方も可能です。
リュープリン3カ月製剤の注射も行っています。

4)乳癌術後、ハーセプチン3週毎点滴治療の方
当院で点滴治療が可能な場合があります。ご相談ください。

よくある乳腺の良性病変について

乳腺炎

乳腺炎は授乳中に起こりやすく、赤く腫れ上がったり、熱が出たりすることがあります。
膿がたまると治りにくい場合もあるので、炎症の程度を観察し、抗生物質の投与や、穿刺(せんし:注射で膿を抜き取る)や切開などの外科的処置が必要かどうかを判断します。
乳汁の流れが悪くなり、マッサージや授乳後でもしこりや疼痛が増し、熱が出るような場合は乳腺炎の可能性があります。このような場合には、まず受診してください。


線維腺腫

線維腺腫は20~30代の女性に多く見られる良性腫瘍です。診断が確定していて、大きな変化が無ければ、手術をせずに定期検査で経過を観察しますが、大きくなったり、摘出希望があるような場合には、手術をすることもあります。手術が必要な時は専門の病院をご紹介しています。


乳腺症

腫れや張り、乳腺の痛みや灼熱感のあるケースを総称して乳腺症と呼んでいます。30~50歳の女性に見られ、視・触診などの検査で腫瘤(しゅりゅう:こぶ)やしこりを認めた場合には、乳がんが隠れていないかを精査する必要があります。しかし乳腺炎や乳がんのような、明らかな疾患とは別物と考えてよいでしょう。通常は治療の必要は無く、診察を受けた後から症状が軽くなるケースが多いものです。


のう胞

乳房内にできるお水(分泌液)のたまりです。大きくなると痛みや炎症を伴うことがありますが、ほとんどは治療や経過観察も必要ありません。



平野胃腸・乳腺クリニック概要

千葉県市川市での内視鏡検査・がん検診、乳がん検診は

平野胃腸・乳腺クリニック

住所:〒272-0034 千葉県市川市市川1-8-5 アドビル4F

電話番号:047-325-3717

総武本線市川駅 北口 徒歩1分

診療科目:胃腸科・内視鏡科・乳腺科

受付時間
一般診療
9:00-12:00
マンモ・一般検診
9:00-11:30
一般診療
15:00-17:00
マンモ・一般検診
15:00-16:30
乳腺科
9:00-12:00
乳腺科
15:00-17:00

午前 9:00-11:00 
休診日:水曜・土曜午後・日曜・祝日

健診の方は受付時間内にご来院ください。
マンモ検診を受けられる際、女性技師をご希望の場合は土曜日をおすすめします。

患者の気持ち