健康診断について

特定健診ほか、市川市の実施する各種検診を受け付けております。

受付時間
月 火 木 金 9:00~11:30 / 15:00~16:30
9:00~11:30
(いずれも通常診察時間受け付け時間より30分短くなります)

市川市の受診券の発送時期
誕生月:4,5,6,7月生まれ 平成28年3月31日 発送(4月1日より使えます)
誕生月:8,9,10,11月生まれ 平成28年7月末 発送
誕生月:12,1,2,3月生まれ 平成28年11月末 発送
7月31日、11月30日、3月31日の有効期限があります。

平成28年度から、国民健康保険の方は質問票の記入が必要となりました。
来院前に記入をお願いいたします。

毎年、有効期限ぎりぎりの受診、特に年度末3月の受診は大変込み合います。
お誕生月前後の受診にご協力ください。年度内であれば有効期限の延長が可能です。
混雑月(7月11月3月)を避けた受診をお願いいたします。

市川市在住の方で受診券が来てない方は市川市保健センター047(377)4511にお問い合わせください。
また健(検)診についての詳しくは、市川市のホームページをご覧ください。

特定健康診査(準ずる健康診査)

平成20年4月から、従来の基本健康診査に代わって、各保険者が実施する「特定健康診査」が始まりました。

対象者
  • 40歳~74歳の市川市国民健康保険被保険者
  • 千葉県の後期高齢者医療被保険者(75歳以上の方、または一定の障害のある65歳以上の方)
検査項目
必須 一般検査、血清検査、尿検査、ヘモグロビンA1c、貧血検査、
腎機能(クレアチニン、eGFR、尿酸、尿潜血)
医師の判断により実施 心電図、眼底検査
自己負担金

無料

肝炎ウイルス検診

わが国には、C型肝炎ウイルスの持続感染者(C型肝炎ウイルスキャリア)が100万人から200万人存在すると推定されています。C型肝炎は自覚症状が無いことが多いため、自分自身が感染していることを自覚しないまま、肝硬変や肝がんに移行するケースのあることが明らかになってきています。
こうした状況のもと、市川市においては、平成14年4月より、肝炎ウイルス検診を実施しています。
ぜひ、この機会に受診されることをお勧めいたします。

対象者

40歳以上で市の肝炎検診の未受診者

過去に市の肝炎検診を受診した方や肝炎の治療中・経過観察中の方は受診出来ません。

検査項目
C型肝炎ウイルスおよび
B型肝炎ウイルスの検査
採血によって行います。

自己負担金

無料

肺がん検診

対象者

40歳以上の市川市民

以下のいずれかに該当する場合はご遠慮ください。

  • 勤務先等で受診機会のある方
  • 医療機関で経過観察中の方
検査項目
胸部X線検査

以下のいずれかに該当する場合、喀痰検査も行います。
1. 50歳以上で喫煙指数が600以上の方
2. 6ヶ月以内に血痰のあった方
3. その他、医師が必要と認めた方
自己負担金

胸部X線検査
600円

喀痰検査も実施する場合は、別途600円かかります。
なお、以下のいずれかに該当する場合は無料になります。
1. 70歳以上の方
2. 後期高齢者医療被保険者
3. 同じ世帯の中で住民税課税者が一人もいない方

大腸がん検診

対象者

40歳以上の市川市民
以下のいずれかに該当する場合はご遠慮ください。

  • 勤務先等で受診機会のある方
  • 医療機関で経過観察中の方
検査項目

検便(二日法)

自己負担金

600円

以下のいずれかに該当する場合は無料になります。

  • 70歳以上の方
  • 後期高齢者医療被保険者
  • 同じ世帯の中で住民税課税者が一人もいない方

前立腺がん検診

対象者

50歳以上の市川市民(男性)

以下のいずれかに該当する場合はご遠慮ください。

  • 勤務先等で受診機会のある方
  • 医療機関で経過観察中の方
検査項目

PSA検査(採血によって行います)

自己負担金

600円

以下のいずれかに該当する場合は無料になります。

  • 70歳以上の方
  • 後期高齢者医療被保険者
  • 同じ世帯の中で住民税課税者が一人もいない方

乳がん検診(視診・触診)

対象者

30歳以上の奇数年齢の方

以下のいずれかに該当する場合はご遠慮ください。

  • 勤務先などで受診機会のある方
  • 医療機関で経過観察中の方
自己負担金

600円

以下のいずれかに該当する場合は無料になります。

  • 70歳以上の方
  • 後期高齢者医療被保険者
  • 同じ世帯の中で住民税課税者が一人もいない方

乳がん検診(マンモグラフィ)

対象者

40歳以上の偶数年齢の方

以下のいずれかに該当する場合はご遠慮ください。

  • 勤務先で受診機会のある方
  • 医療機関で経過観察中の方
  • 胸にしこり、痛み、分泌物があるなど、自覚症状がある方
  • 妊娠中の方

マンモグラフィ検査は乳房を圧迫しますので、ペースメーカー装着中の方、豊胸手術を受けた方、
  胸部に手術を受けたことがある方は、念のため主治医にご確認のうえ、お受けください。

自己負担金

600円

以下のいずれかに該当する場合は無料になります。

  • 70歳以上の方
  • 後期高齢者医療被保険者
  • 同じ世帯の中で住民税課税者が一人もいない方

胃がんリスク検診

平成25年4月から新たな胃がん検診がスタートしました。

胃がんリスク検診とは

胃がんリスク検診は、胃がんにかかる危険度(リスク)を調べるもので、直接胃がんを発見するものではありません。
血液検査による血清ペプシノゲン検査とヘリコバクター・ピロリ菌抗体検査という二つの検査を組み合わせ、胃がんになりやすい状態かどうかについて調べます。

血清ペプシノゲン検査とは

胃がんの多くは、胃粘膜の萎縮(慢性萎縮性胃炎)が大きな原因と考えられており、萎縮の度合いで胃がんのなりやすさを知ることが出来ます。
血清ペプシノゲン検査では、血液中に含まれるペプシノゲンという物質の量を測定することで、どれくらい胃粘膜の萎縮が進んでいるかを調べます。

ヘリコバクター・ピロリ菌抗体検査

ヘリコバクター・ピロリという菌は人間の胃粘膜に棲み着き、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などを発症させます。また、このピロリ菌は慢性萎縮性胃炎の原因とも考えられており、胃がんに深い関係があると言われています。
ヘリコバクター・ピロリ菌抗体検査では、血液中のピロリ菌への抗体の値を測定することで現在、ピロリ菌に感染しているかどうかを調べます。

対象者

平成27年3月31日時点で、40、45、50、55、60、65、70、75歳の方

ただし、以下に該当する方は検診をご遠慮ください。

  • 自覚症状がある方、医療機関で治療中もしくは経過観察中の方
  • 胃酸分泌液抑制剤(プロトンポンプ阻害剤)服用中もしくは2ヶ月以内に服用していた方
  • 胃切除後の方
  • 腎不全(目安:クレアチニン値が3mg/dL以上)の方
  • 明らかな上部消化器症状があり、胃や十二指腸の疾患が強く疑われる方
  • ピロリ菌除菌を行った方

40歳以上で胃がんリスク検診対象外の方は、胃がんバリウム検診(集団検診)の対象となります。

検査項目
血液検査

1.血清ペプシノゲン検査
2.ヘリコバクター・ピロリ菌抗体検査

1、2を併用しての検査になります。

自己負担金

600円

ただし、以下のいずれかに該当する場合は無料になります。

  • 70歳以上の方
  • 千葉県の後期高齢者医療被保険者
  • 同じ世帯の中で住民税課税者が一人もいない方

予防接種について

当院では高校生以上の方のインフルエンザワクチン接種、市川市で接種対象の方の肺炎球菌ワクチン接種を受け付けております。



平野胃腸・乳腺クリニック概要

読み込み中…

千葉県市川市での内視鏡検査・がん検診、乳がん検診は

平野胃腸・乳腺クリニック

住所:〒272-0034 千葉県市川市市川1-8-5 アドビル4F

電話番号:047-325-3717

総武本線市川駅 北口 徒歩1分

診療科目:胃腸科・内視鏡科・乳腺科

受付時間
一般診療
9:00-12:00
マンモ・一般検診
9:00-11:30
一般診療
15:00-17:00
マンモ・一般検診
15:00-16:30
乳腺科
9:00-12:00
乳腺科
15:00-17:00

午前 9:00-11:00 
休診日:水曜・土曜午後・日曜・祝日

健診の方は受付時間内にご来院ください。
乳腺科の木曜午後はがん研有明病院にて診察のため休診
マンモ検診を受けられる際、女性技師をご希望の場合は土曜日をおすすめします。

患者の気持ち